【No/14 5日目】歯科医院との付き合い方

Pocket

こんにちわ。
芥川です。

さて、昨日は2か月ぶりの定期健診にいってきたわけですが、ここで私の通っている歯科医院のことを少し書きたいと思います。

髪型変えられました?

いつものように診察を終えて、エレベーターを待っているときに歯科助手さんに言われた一言です。

私の通う医院はビルのB1階にあるのですが、いつも歯科助手さんが見送りをしてくれます。
すごいホスピタリティ精神です。

しかも、私の髪型まで覚えてくれているとは!!
はい、確かに1か月ほど前から、髪型をおろさずにアップにしてジェルでスタイリングをするスタイルに変更をしているのですが、他にも患者さんがいるだろうに、よく覚えてくれているな、と思います。

ちなみに嬉しかったですけどね(笑)

私の通う歯科医院は完全予約制で、先生1名、歯科助手1名の2名体制。他の患者さんを見ることはほとんどないです。
今までに見たのは2回だけ。

なので、どれくらいの患者さんがいるのかは不明なのですが、おそらく大きな歯科医院と比べると患者さんの数は結構少ないのかな、と思います。実際に予約もかなり取りやすいですし(笑)

当初は大手がよいのかな、と思い歯科医院を探す際にも検索で頻繁に引っかかってくる歯科医院にも無料診断にいくつもいきました。
ちなみに、その様子はこちらに書いています。

オーラルデザイナー新宿という歯医者さんは実際にすごい人気で、無料カウンセリングこそ、たまたますぐに取れましたが、矯正を始めるまでに2か月以上かかる感じだったので、やめてしまいました。
実際に値段も雰囲気も悪くはなかったですが。

その点、私の通う歯科医院はなかなか検索で出てこないです(笑)

それでも低価格で、少ない患者さんを大事にしてくれているので結構気に入っています。
今でも思いますが、歯科矯正は長期戦です。インビザラインは不便なことも多いので矯正のモチベーションを維持するのは少し大変です。
そんな時、いい気持ちで通える歯科医院であること、はとても大切なポイントだと思います。

私はまぁ、今のとこでよかったかな、と思っています。

もう少し距離が近いといいんですけどね・・・笑

しっかりと相談にのってくれるか

これ、結構大事です!

インビザラインは歯形をとって、アメリカのアライン・テクノロジー社に送るだけが歯科医院の仕事ではありません!
実際にシミュレーションをしてから、歯医者さんとアライン・テクノロジー社とでいろいろと調整がされるそうです。
ここが腕の見せ所、というわけですね。

患者側も矯正に当たってのリクエストをきちんと伝える必要があります
例えば、アタッチメントやゴムかけによって、見えない矯正がうりのインビザラインも、がっつり矯正がわかる矯正になる可能性もあります。

私も役者活動に支障がないようにと、アタッチメントの前歯への装着はやめてもらうように伝えておりました。

また、ごむかけ…

とうとう行いませんでした。

ごむかけようのアライナーだったんですけどね。
個人的にはよかったです。

次回のアライナー作成のときもゴムかけはなしで、と既に伝えました(笑)

ちゃんと先生に相談できる体制であること。
当たり前のようですが、時に難しい場合もあると思います。

しっかりとそんな先生かどうか、これからインビザラインを始める方は歯科医院選定のひとつのポイントかもしれませんね。
にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村

歯列矯正ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。